ファイナンシャルプランナー資格試験合格ガイド

ファイナンシャルプランナー(FP)とは

ファイナンシャルプランナーは、平成15年に国家資格化しました。
ファイナンシャルプランナーは、銀行・証券会社・保険会社などの金融業界だけではなく、不動産や建設業界など様々な業界でニーズが高まっており、今最も注目されている資格の一つです。

ファイナンシャルプランナー(FP)とは、個人のライフプランを財政面・経済面から総合的にアドバイスし、個人の資産設計に関する様々なプランを提案、かつ実行の支援をするプロフェッショナルです。
まず、ファイナンシャルプランナーは顧客のライフプラン上の目標や夢を実現するために、
顧客の

@家族構成
A収支のバランス
B資産状況
C保険

など、顧客に関するあらゆるデータ・資料を分析し、様々な面から顧客にとって最良と思われるライフプランを提案していきます。
ライフプランの設計には資産管理や投資計画、税金対策、リスクマネージメントまで、トータルなマネープランが必要になります。
そのためファイナンシャルプランナーには、税金、不動産、相続、金融商品、生命保険、損害保険、公的年金制度、住宅ローン、など金融・経済全般の幅広い知識が求められると同時に、顧客の個人情報にも携わるため、高い倫理観も求められます。

特定の分野だけではなく、必要に応じて弁護士、税理士、保険、不動産などの専門家のアドバイスを得ながら、トータルな知識で個人の資産設計をサポートする、それがファイナンシャルプランナーなのです。



無料の資料請求はこちら
 → ユーキャンのファイナンシャルプランナー講座

ファイナンシャルプランナー(FP)になると

ファイナンシャルプランナーの仕事について解説しています。 次へ→ファイナンシャルプランナーになると